head_img

ストロングハートチュアブル(Strong Heart Chewable)

イヌのfilaria予防薬として人気のストロングハートチュアブルは、犬の大きさによって小型犬用・中型犬用・大型犬用と種類が分かれています。

ストロングハートチュアブルは処方箋薬のgeneric品なので、ワンちゃんに飲ませる時には十分に注意しておきましょう。獣医師に相談してから使用することをおすすめします。

ストロングハートチュアブル中型犬用とは?

ストロングハートチュアブルの中型犬用とは、メリアル社で開発された新薬カルドメックのジェネリック医薬品です。犬フィラリア症の予防薬として圧倒的な人気を誇るのがストロングハートチュアブル中型犬用です。

インドのサヴァ・ヴェット社で製造・販売されています。ストロングハートチュアブルの中型犬用は、月に1回の投与でフィラリア予防が出来るお薬です。

ストロングハートチュアブルはミート味のチュアブルタイプなので、錠剤タイプが苦手な犬にもストレスなく投与することができます。含まれている成分は、フィラリアを予防・対策するのに期待できるイベルメクチンとピランテルが含まれています。また、犬フィラリア症(犬糸状虫)の予防とともに犬回虫などの線虫駆除も一緒に出来るのが特徴です。

ストロングハートチュアブル中型犬用の使い方

ストロングハートチュアブル中型犬用

◆メーカー:サヴァ・ヴェット社(インド)

◆有効成分:イベルメクチン136mcg / ピランテル114mg

◆形状:長方形(タブレット)

◆内容量:6個

◆対象:体重12kgから22kg

◆用量:1回1錠

◆犬種:スタンダードダックス / フレンチブルドッグ / 北海道犬 / コーギーなど

◆保存方法:直射日光を避け、室温で保存してください。

生まれてから6週未満のワンちゃんには使用しないでください。おやつ系のおくすりタイプなので、簡単に投薬出来ます。ミート味でワンちゃんの食いつきがいいのも特徴です。

購入の前に確認しておく事

ストロングハートチュアブルの中型犬種用は、イヌフィラリア症を予防するためのおくすりです。ストロングハートチュアブルを使用する時は、必ず服用前に病院でフィラリア検査を行う必要があります。犬の体内にフィラリアの成虫が寄生している状態で服用すると、血管にフィラリアが詰まってしまう恐れがあります。

誤った使い方をすると危険ですので必ず検査をしましょう。ストロングハートチュアブルの元になったカルドメックは処方箋薬ですので、日本国内で入手するには獣医師の処方箋が必要なお薬ですが、Strongheartチュアブル中型犬用は処方箋が無くても個人で輸入する方法などで簡単に手に入ります。

しかし成分量などが全く同じ薬ですので、使用を開始する時には処方箋薬と同じくらいの注意が必要です。


ページトップに戻る